ワンルームマンションを利用した資産運用

2011-02-05

目まぐるしく変化する社会の中で、現在は資金を増やすことを目的とした投資が流行っています。その中でもワンルームマンションを利用した資産運用について、簡単ですが説明したいと思います。まずワンルームマンションを利用した投資についてのメリットですが、サラリーマンでも節税することができる。生命保険の代わりにもなり、また老後の年金の資金にもなる。インフレに強い資産を有することができる。そして少ない自己資金で、大きな資産を得ることができるということでしょうか。

首都圏では、自己資金0円からでも始められるワンルームマンションの投資があるようです。信頼できる企業と連携することができれば、貸すのに有利な物件を探すこともできるので、本当の意味での資産運用ができるかと思います。賃貸物件の立地など条件は必要になりますが、預貯金などのように利率が下がるということはないので、比較的安定した収入が得ることができるということのようです。

マンション経営者になれば、たとえサラリーマンでも税金の還付を受けることができるので、上記で説明した通り節税対策となります。また普通の老後を過ごすためには6000万円もの資金が必要となるという資産結果も出ています。豊かな老後を送るためにも、ワンルームマンションで資産運用を行うということは投資の一つとして知っておく必要があるようです。ただここで一つ注意しなければならないことは、悪徳業者に騙されてしまう投資家がいるということです。示された高い利回りだけに惑わされず、立地条件や築年数などを考慮し、失敗しないようにしなければいけません。不動産の価値は下がっていくということを理解した上で投資を行うようにしましょう。

Post a Comment