育毛シャンプーの有効成分と効果

2010-01-13

有効成分二度のようなものが入っているかを謳っている育毛シャンプーが以前は流行っていましたが、今は有害成分がいかに入っていないかを宣伝している育毛シャンプーが売れているようです、合成された香料や保存料などの有害成分は当然ですが、一般的なシャンプーによく使っている成分のシリコンの入っていないというものが多いですね。

シリコンは上の艶出しなどに有効なようで、さらさらの髪になりますというようなシャンプーに多く含まれているようです。



見た目を向上させるためには有効な成分のシリコンですが、育毛シャンプーという用途では有害であるらしく、ダメージのある髪をコートして艶髪にするシリコンが、頭皮などの毛穴をつまらせる原因になるということで育毛シャンプーには嫌われているようです。

シリコン自体は安定した物質で別に外があるようなものではないのですが、毛穴を塞いでしまっては髪の毛の発毛促進に妨げとなるのでしょうか髪が薄くなってきても髪の艶は欲しいのですが難しいところです。



髪の艶は白髪を目立たなくしてくれますから、頭髪が薄くなってくる年齢は白髪も多くなりますし、ツヤという面では有効な成分なんですけどね、シリコンは。

育毛シャンプーを上手に選んで、頭皮の状態と髪の艶とを何とか両立させたいものです。

育毛シャンプーでコンディションを整えて、艶は別の手段で出すというのもひとつの考え方かもしれません。

何れにしても、派手に宣伝ばかりしているところの商品を買うのは抵抗がありますので、じっくり成分を見比べて選んでいきたいと思います。

Post a Comment